プロフィール

公認インストラクター

坪井 直明 (つぼい なおあき) 

(有)ノーヴェ 代表取締役

 特定非営利活動(NPO)法人

 東京メディカル・メディア・ネットワーク 副理事長

 歩こう!みどりの会 代表

 自己紹介: 

 1950年生まれの62歳(寅年)、血液型O型。
学生時代のスキーショップのアルバイトをきっかけでスポーツ業界に入りました。

日本大学理工学部卒業後、スイスの外資系会社(リーベルマン)にて、ウィンタービジネスに従事、20年勤務し、その後独立いたしました。
スキーポールの「KERMA」ポール販売元として業務を行う中で、同じポールのカテゴリーからノルディックポールに出会うことになりました。

ノルディックポールは、以前は夏場のクロスカントリーの練習としての走法(アグレッシブ)が、一般的でしたが、それとは違う、リハビリテーションウォークを主体とするディフェンシブ走法が、近年注目されています。

 

変形性関節症、保存療法の第一人者である、富士温泉病院の名誉院長、矢野英雄先生との出会いにより、「股関節」「ひざ」等の障害に苦労されている患者さんが多いことを知り、ノルディックを通じた活動が、健康の増進、さらに、障害や病気を持つ皆様の症状の軽減の一助になればと願っております 。

現在は、矢野先生が開発された「スマートボール」を勉強する過程で、スキルアップに励む毎日です。


「世田谷公園」「中目黒」「九段」を中心とした定期講習会を実施しています。

ノルディックポールを使うことにより身体の改善を図られることに社会的意義を感じ少しでも皆様のお役に立ちたいとの一念で現在、ノルディックウォークの普及に励む毎日です。 アグレッシブ走法はもとより、ディフェンシブ(リハビリテーションウォーク)も含め幅広くノルディックの啓蒙活動に取り組んでおります。

  是非、皆様とお会いできるのを楽しみにしています!!

   

メールによるお問い合わせ 

全日本ノルディック・ウォーク連盟 公認 インストラクター

  東京都ノルディック・ウォーク連盟 医科委員会認定 骨・関節症アドバイザー

What's new!!

九段ノルディック倶楽部
中目黒ノルディック・ウォーク

東てる美さん、皆さんと

隅田川をノルディック